らあめん花月嵐 新小岩北口店

小岩まで行って帰ってくる仕事があった。


今日は道が混んでいたから気付けば午後の数時間を費やし帰り道になったのはもう4時過ぎだった。


今日は忙しかったが昼飯もちゃんと食ったし、腹はへってなかったはずだったのかおそらく運転のし過ぎでつかれていたのだろう。


蔵前橋通りを新小岩方面に曲がる。


車を停めてどこかで飯でも食おうと思った。


 で、ちょうどみつかったのが花月だ。


けっこうどこにでもあるし、味はあんていしているからこういう時に有り難いんですよ。


んで美味しいんですよ。


つって、仕事そっちのけ、無意識下に車を停めて俺は花月に向かった。


 でやはり無意識下で俺はげんこつ味噌らあめんを頼む。


これがこってりして美味しいのですよ。


しかも冬にはトッピングで白菜もある。


これにコショウたっぷりで食うのが冬の楽しみ方。


って数度しか来たことがないのに通気取り。


笑ってしまう。


が、本当に美味しいのよ。


ライスを頼みたくてどうしようかと逡巡するが諦める。


時計をみるともう4時半を過ぎていた。


さすがに帰らないと問題あるだろう。


  で、車に乗る。


さすがにニンニク臭い車内。


これはちょっときついな。


途中でコンビニに停めてガムを買う。


この午後だけでけっこう金払ったなあ。


でも満足しました。


楽しいドライブでした。


小岩まで行って帰ってくる仕事があった。


今日は道が混んでいたから気付けば午後の数時間を費やし帰り道になったのはもう4時過ぎだった。


今日は忙しかったが昼飯もちゃんと食ったし、腹はへってなかったはずだったのかおそらく運転のし過ぎでつかれていたのだろう。


蔵前橋通りを新小岩方面に曲がる。


車を停めてどこかで飯でも食おうと思った。


 で、ちょうどみつかったのが花月だ。


けっこうどこにでもあるし、味はあんていしているからこういう時に有り難いんですよ。


んで美味しいんですよ。


つって、仕事そっちのけ、無意識下に車を停めて俺は花月に向かった。


 でやはり無意識下で俺はげんこつ味噌らあめんを頼む。


これがこってりして美味しいのですよ。


しかも冬にはトッピングで白菜もある。


これにコショウたっぷりで食うのが冬の楽しみ方。


って数度しか来たことがないのに通気取り。


笑ってしまう。


が、本当に美味しいのよ。


ライスを頼みたくてどうしようかと逡巡するが諦める。


時計をみるともう4時半を過ぎていた。


さすがに帰らないと問題あるだろう。


  で、車に乗る。


さすがにニンニク臭い車内。


これはちょっときついな。


途中でコンビニに停めてガムを買う。


この午後だけでけっこう金払ったなあ。


でも満足しました。


楽しいドライブでした。


笑笑平井南口駅前店

平井駅に昔よく行っていた。


小さいというと失礼だが、社長さん一人でやられている会社にしょっちゅう出入りしていたのだ。


正直私の会社に対する注文は多くはなかったが仕事に関してもかなり詳しくいろいろと勉強させてもらった。


加えて趣味が合ったというのも大きい。


彼も音楽をやる方らしく相当にギターについて詳しかった。


作業場にも何本か人前に見せて良いようのギターを置いてらっしゃってそれを見るのも楽しかった。


その社長さんとたまたま連絡がつき、本日合うことになった。


気兼ねなく入れる店をということで笑笑に入った。


随分久しぶりにお会いしたがお元気そうで何よりだった。


それにしてももう私が会社を辞してから三年になる。


当時まだヨチヨチ歩きだったお子さんももう小学生と言う話だった。


ここのアジフライ意外といけるんですよ、と社長は二枚アジフライの皿を頼んだ。


おっしゃるとおりなかなか美味しかった。


家では揚げ物を食べない彼も外ではガツガツ食べてしまうらしい。


さすがにまだ健康を気にする年齢ではないが、新しい家も建てたばかりなのだから少し気を付けてください、と一言言ってしまうほどに私の口は軽くなっていた。


そう言いながらもタルタルチキン南蛮を注文。


美味しい揚げ物に2人とも大満足だった。


一休高田馬場店

Iさんに会うのは随分久々だった。


確か三年ほど前の冬、友人となんとなく飲んでいた飲み会に来てくださり、ほぼ飲んでも食ってもいないのに一万円を置いて行ってくれたのだ。


あれは助かった。


Iさんは昔から先輩気質で気をつかう人だった。


今日一休など安い店に入ったのはつまり、彼に気をつかわせたくなかったから。


だってここならどれだけ飲んでも5000円なんかいくわけない。


ならば俺がおごるよ、と言われたがさすがにきっちり割り勘にしてもらった。


こちらももう30歳を越えているのだからいくら先輩後輩の関係とはいえいくらかのプライドがある。


しかし一休久々に行ったが混んでいた。


安居酒屋しかも高田馬場となるとまあしょうがないか。


学生ばかりで腹立たしいほどにうるさかったが、まあこんな雰囲気を味わう事も普段はないので良いだろう。


大昔この地でIさんと大げんかしたことを思い出す。


その話をするとIさんは笑った。


あの時、お前さと、あくまでこちらに非がある物言い。


高圧的ながら優しい態度は変わらずこちらも笑ってしまう。


MEGAチキンを注文すると大量の鶏からが。


昔はバスケットだったはず。


確かIさんとも学生時代に何度も一休で飲んだものだ。


それにしてもIさんの痩せ方には驚く。


昔は唐揚げを1人で頬張っていたのに。


まさかの一休飲みはとても満足だった。


高田馬場店はさすがにこの時期学生で混むな。


またこの雰囲気を味わいたくなったら来よう。


深川塾八幡店

深川八幡に行ってきました。


門前仲町という名前の由来にもなっている昔からの八幡神社です。


東京都内でもかなり有名ですよね。


久々の夫とのデートが八幡様とはなかなかに渋いでしょう。


最近神社仏閣めぐりがけっこう多いんですよ。


何故ってお金かからないから(笑)電車でサクッと行ける圏内にもたくさん有名神社や有名な仏像があったりするからこれが趣味になればかなり安上がりで週末を愉しめますよ。


が、今日はお金使ってやりました。


というのはせっかく深川来たのだからアレを食おうと夫が言いまして。


アレ、というのは深川めしです。


有名ですよね。


海も近いし隅田川も近いので大昔からこのあたりではアサリが有名だったみたいですよ。


で、境内の中にある深川宿に入りました。


名前が格好いいけど見た目もいかにもな雰囲気。


料亭みたいです。


そこで私たちは深川めしをいただきました。


本当美味しかった。


2000円弱と結構お値段は張ってしまいましたが大満足。


ぷりっとしたアサリと独特の旨味のある味噌が本当に良く合うんです。


こんな風に神社横に佇むお店に入るのもそれっぽくって良いでしょう。


たいてい大きい神社の近くは観光地価格だからちょっと驚いてしまうけれど。


やはり名物は食べておくべきですね。


名代富士そば三軒茶屋店

富士そばを知ったのは25年ほど前。



阿佐ヶ谷南口のロータリーにあった「とらや椿山」のあとにできた店によく行ったなあ。



アレ以来俺の人生は富士そばと共にある。


と、そこまで言うと言い過ぎかも知れないがウソではない。


だって週に一度は来ているし。


だってだっておいしいんだもの。


最近は職場の近く入ったのはこの三軒茶屋店によく足を向ける。



仕事のときの昼飯はもちろん、休日にくるスーパーの買い物に行った帰りによくお邪魔する。



よく食べるのは、もり蕎麦。


まあ一番スタンダードなメニュー。


でもこの蕎麦がやはりおいしいのよ、
ここのもり蕎麦は立ち食いとしてはレベルが高いと思う。



蕎麦はまあまあシャキッとしており、つけ汁もかなり美味しい。


出汁が効いているというかな。



何と言っても200円台なので、それ以上の贅沢は言えず、
千円近くする老舗の蕎麦と比べても仕方がないでしょうよ。



立ち食いならばもおう十分過ぎるレベルです。


そういえば、渋谷に行ったときに入ったことがあったが、あの店は280円だった。



場所によって値段が違うようである。



まあ数十年の違いなら気にならないですけどね。


もう25年か、としみじみ食うもりそばは今日も今日とて美味でした。


来週もよろしくお願いします。


青森市 居酒屋